2010年01月22日

交代

交代の指示も、試合のオーダー時に、状況を想定して事前に決めておく必要があります。


交代の指示の出し方についても、Biblia_Sacra さんの「Nearer, My God to Thee」というブログの

「○○君にもわかる戦術指示講座」という記事に書いてあります。
http://bibliasac.exblog.jp/13480443/


交代を設定する上で一番注意しなくてはいけないのは、交代の結果、フォーメーションが3-6-1のようなイレギュラーな形にならないようにすることです。

イレギュラーなフォーメーションになった場合、その週のすべてのトレーニング効果が失われます!

それ以外に、混乱を引き起こしポゼッションを失うなどのデメリットもあるので、絶対に避けるようにしてください。
続きを読む
posted by N-Kobayashi at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

フォーメーション&個人への指示&「戦術」の組み合わせ

それでは、効果的なフォーメーションと個人への指示、「戦術」の組み合わせを考えてみます。

・ゾーンプレス戦術
ディフェンスとポゼッションの高い5-4-1か、4-5-1がベストです。しかしフォーメーションの経験がない戦術を使うことは避けるべきです。もしあなたが普段より攻撃的なフォーメーションを使用しているならば、できるだけポゼッションが高くなる個人指示を出して下さい。
例えば、普段3-5-2を使っているとします。その場合検討するのは、まず3-5-2を使うか4-4-2(4-4-2の経験は常に最高の状態です)を使うかです。
3-5-2を使うのでしたら、少なくとも3人のIM (インナーミッドフィルダー)が必要です。その上でさらに、ゲームメイクの高いフォワードがいればその選手を守備的にします。また、ゲームメイクの高いウイングを中央寄りにするのも効果的です。

・カウンター攻撃
まず、ディフェンス力がなくてはいけませんから、5バックから少なくとも4バックのフォーメーションを使います。
同時に、攻撃力も必要です。攻撃はどのサイドから行いますか?
サイド攻撃ならウイングは攻撃的にしましょう。フォワードもサイド寄りにするべきです。ただし、一方のサイドだけを攻撃的にした場合、カウンターによって、そちらのサイドから攻撃するかどうかは運次第です(具体的に言えばほぼ25%です)。理想的には2カ所から攻撃できるのが望ましいでしょう(方サイド+センター or 両サイド)
サイド攻撃を捨てて中央に集中する場合は、3トップも検討の余地があります。4-3-3です。
ただし、あまりにポゼッションを捨てすぎるのは非常に危険だと言うことを覚えておいて下さい。
以前に比べ、マッチエンジンの変更によりカウンターは効果的になりました。しかし、ある程度のポゼッションがなければ通常攻撃のチャンスが作れず、カウンターでしか得点が期待できません。そこそこのポゼッションがあれば、戦術的なカウンター以外の通常の得点チャンスの可能性もあります。

・中央突破
攻撃をセンターに集中して下さい。ウイングはいりません。3-4-3が理想的ですが、3-5-2、4-4-2もありえます。
ポゼッションが確保できるように、ミッドフィルダーは3IMを使うべきです。ウイングはゲームメイクの高い選手を起用し、中央寄りにしてみましょう。
この戦術はサイドのディフェンスが低下するリスクがあります。相手がサイド攻撃を使うことが予想されるならば、相手に攻撃チャンスを与えないほどポゼッションを支配するか、サイドに守備力の高いディフェンダーを守備的にして配置することを検討する必要があります。

・サイド攻撃
中央突破のケースと逆です。ただし、この戦術では片方のサイドに攻撃を集中するか、両サイドから攻撃するか悩むことになります。もし相手の守備力が十分でないなら(そしてポゼッションで勝てそうならば)、両サイドから攻撃した方が効果的です。
しかし、相手のディフェンスが堅固ならば、攻撃を一カ所に集中すべきかも知れません。
サイドの攻撃力を上げるには、絶対にウイングを攻撃的にする必要があります。また、フォワードをサイド寄りにする、ウイング・スキルのあるミッドフィルダーをサイド寄りにするのが効果的です。ウイングバックを攻撃的にするのも一つですが、これはディフェンス面でのデメリットが大きいです。状況次第ですが、指示は通常で十分だと思います。

・創造プレー
この戦術に最適なフォーメーションはありません。
より特徴の多い選手を揃えて下さい。そして、多くの特徴は天候によってメリット、デメリットがあります。試合当日の天気と相談して下さい。

・ロング・シュート
この戦術に効果的なフォーメーションは私にはよく分かりません。使っているチームも少ないです。いずれにしろ、初心者には敷居の高い戦術だと思います。

・通常
今期のマッチ・エンジンの変更で、かつてほどの有利はなくなりましたが、長く Hattrick では3-5-2+通常が最も効果的な戦術でした。ポゼッションを確保でき、複数のポイントから攻撃できたからです。未だこの戦術が有効であることに変わりはないと思います。
posted by N-Kobayashi at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

「戦術」について

Hattrick では、試合に関して、「戦術」を選択することが出来ます。

現在、 Hattrick で使用できる戦術は、
・ゾーンプレス戦術(Pressing ゾーンプレスという訳語には疑問あり)
・カウンター攻撃(CA - Counter Attack)
・中央突破(AIM - Attack In the Middle)
・サイド攻撃(AOW - Attack On Wings)
・創造プレ−(PC - Play Creatively)
・ロング・シュート(LS - Long shots)
この6つに加え「通常」の7通りです。

それぞれの説明に関しては、マニュアルの「試合: 戦術」のページを読んでください。

ここではもう少し具体的にどう使うか見てみます。

・ゾーンプレス戦術
これは、相手と自分双方の攻撃チャンスを減らす戦術です。つまり、勝ちたい試合よりも、負けたくない試合で使うべき戦術です。相手の方が格上の時、ディフェンダーとミッドフィルダーを多くしてドローを狙います。
スタミナを消費するので、自分のチームの選手が十分なスタミナがあるかどうか確認してください。
フォーメーションは、5-4-1や4-5-1が良いでしょう(ただし、よほど選手の経験が高くない限り、経験がないフォーメーションを使うのは自殺行為です)。
以前はほとんど有効性のない戦術でしたが、マッチエンジンの変更により、以前よりは改善されたようです。

・カウンター攻撃(CA - Counter Attack)
この戦術は、まず相手のオフェンスよりも高いディフェンス力が必要です。相手の攻撃を止めなければ話になりません。その上で、戦術的なカウンターを発動するには、高い戦術実行能力が必要です。つまり、高いパス・スキルのあるディフェンダーがいるのが理想的です。カウンターの発動は、相手のディフェンスのレベルと戦術実行能力の比較で決まります。
以前は1試合に1,2回カウンター・チャンスがあればいい方でしたが、これもマッチエンジンの改善により、より効果的になりました。
フォーメーションは、理想的には5バック、少なくとも4バックである必要があるでしょう。
同時に、ある程度の攻撃力がなければカウンターが発動しても得点は出来ません。

・中央突破
攻撃を中央に集中します。自分のチームのオフェンスが、中央に偏っている場合、良いウインガーがいない場合に使用します。
ただし、多くのチームで、中央はディフェンスが厚いことを知ってください。2トップでは、よほどレベル差がないと効果的ではないです。
3-4-3であれば使う意義は大きいでしょう。

・サイド攻撃
逆にサイドに攻撃的な選手がいる場合に使います。出来れば両サイドに攻撃的な選手がいることが望ましいです(ただし、その場合ポゼッションが確保できるかどうか良く検討して下さい)。
フォワードもサイド寄りにして攻撃力を上げましょう。

・創造プレ−
個人的にはこの戦術効果は疑問です。ただし、イベントが起こりやすい分、選手は経験を積むチャンスが増えるかも知れません(あくまで推測です)。

・ロング・シュート
これも現状ではあまり効果的ではありません。すべてのポジションで高いストライカー・スキルとプレイス キック・スキルが要求されます。
ストライカー・スキルは、プレイス キックの3倍重要です。

・通常
結局はこれが一番有効だという説もあります。
バランスがとれている戦術で、相手に特徴を読まれにくい。いざというとき他の戦術を使うことで相手の裏をかくことも出来ます。
posted by N-Kobayashi at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする